トップ

虫歯と歯磨き粉の関係

虫歯になる仕組みとは?

歯に穴が空いて虫歯という状態に

なによりも食べるのが大好き!甘いもの大好き!だけど歯磨きをじっくりするのは苦手。こんな人は、大人でも子供でも、虫歯になりやすいものです。虫歯ができるには、4つの条件があります。1つずつ、見てみましょう。

<虫歯ができやすい4つの条件>
・虫歯菌がたくさんいる(細菌の数・種類)
・でんぷんや砂糖を好んでよく食べる(食べ物の種類)
・虫歯菌の餌となる食べかすなどが、いつも口の中にある(食事の回数)
・歯が弱い(歯の強度)

実はこれらの条件は、どんな人のお口の中にも揃いやすいもの。お口の中に細菌がいない人なんていませんし、食事をして、でんぷんや砂糖をいっさい摂取しないという人もいません。食事の後、毎回必ず間髪おかずに歯磨きをする人なんてあまりいないでしょうし、歯が特別に強いという人もそんなにいません。

それでも、絶えず新しい虫歯ができて、毎日痛くてたまらないという状態にはなりませんね。
それは、わたしたちの口の中でいつも、「脱灰」と「再石灰化」という現象が繰り返されているからです。

プラーク(歯垢)の中に存在する虫歯菌は、食事や飲み物に含まれているでんぷん(炭水化物)や砂糖(糖分)を餌として活動し、「酸」を作ります。この「酸」には、歯を溶かす性質があります。虫歯菌が作りだした酸の働きによって、歯からカルシウムやリン酸イオンなどの成分が溶けだす現象が、「脱灰」です。

いっぽう、健康なお口の中では唾液がよく分泌されています。唾液には、カルシウムイオンやリン酸イオンが含まれており、歯はそれらの成分を唾液から取り込んで、歯の表面に沈着させます。これが、「再石灰化」です。再石灰化が盛んに行われることによって、脱灰によって歯が破壊されてしまうのを防ぐことができるのです。

しかし、この仕組みのバランスが崩れて脱灰現象ばかりが続き、再石灰化が追いつかなくなることがあります。そうすると、歯の結晶構造がダメージを受け、穴があきます。これが「虫歯」ができるメカニズムなのです。